本文へスキップ

上本町わたなべクリニック

心療内科

心療内科疾患

トップページ 心療内科 自立支援診療所 春の体調不良 相貌失認(失顔症・顔が覚えられない) 機能性ディスペプシア ゲルストマン症候群 不思議の国のアリス症候群 失読症 失語症 ナルコレプシー  慢性疲労症候群 生活不活発病

上本町わたなべクリニックは、自立支援診療所です。

news平成25年11月主婦と生活社から執筆依頼を受け、平成25年11月15日に一般書を出版しました。心療内科疾患も数多く取り上げわかりやすく解説しています。⇒病気の9割はこれで治る!

news平成25年6月22日(土)読売テレビ/日本テレビ「ウェークアップ!プラス」(8:00~9:25/全国放送)にて上本町わたなべクリニック渡邊章範院長が取材を受け、「過呼吸・過呼吸の連鎖」について解説しました。メディア出演

news平成25年6月20日(木)読売テレビ「かんさい情報ネットten!」(2部)(18:15~19:00)にて上本町わたなべクリニック渡邊章範院長が取材を受け、「過呼吸・過呼吸の連鎖」について解説しました。メディア出演

news平成25年6月1日(土)読売放送「あさバラ!」(9:25~11:25)にて上本町わたなべクリニック渡邊章範院長が取材を受け、「相貌失認(失顔症)」について解説しました。メディア出演相貌失認(失顔症・顔が覚えられない)についてはこちらから相貌失認(失顔症・顔が覚えられない)

news平成24年7月26日(木)読売テレビ「かんさい情報ネットten!」(16:47~18:59)内で、不眠と熱中症ついて、渡邊章範院長が取材を受けました。メディア出演

内科で心の悩みを解決しませんか?

「心の病」のケア・・・社会情勢の変化・職場環境の変化・家庭環境の変化などによる心の病が増えております。ストレス・不安症・神経症・自律神経失調症・更年期障害・うつ状態などでお困りの方、受診をお待ちしております。また、最近話題となっている慢性疲労症候群や生活不活発病などの診察も行っております。

*現在、不安神経症などと診断されている方の中にも内科系の病気が隠れているケースが多く見つかります。心配な方のご来院お待ちしております。*

自立支援心療所については、⇒自立支援診療所

慢性疲労症候群

原因不明の6ヶ月異常の疲労状態が続いている場合、慢性疲労症候群の可能性があります。以下に診断基準を掲載しますのでチェックしてみてください。

A. 大クライテリア(大基準)
1. 生活が著しく損なわれるような強い疲労を主症状とし、少なくとも6ヶ月以上の期間持続ないし再発を繰り返す(50%以上の期間認められること)。
2. 病歴、身体所見.検査所見で表2に挙げられている疾患を除外する。
B. 小クライテリア(小基準)
ア)症状クライテリア(症状基準)
(以下の症状が6カ月以上にわたり持続または繰り返し生ずること)
1. 徴熱(腋窩温37.2~38.3℃)ないし悪寒
2. 咽頭痛
3. 頸部あるいは腋窩リンパ節の腫張
4. 原因不明の筋力低下
5. 筋肉痛ないし不快感
6. 軽い労作後に24時間以上続く全身倦怠感
7. 頭痛
8. 腫脹や発赤を伴わない移動性関節痛
9. 精神神経症状(いずれかlつ以上)
羞明、一過性暗点、物忘れ、易刺激性、錯乱、思考力低下、集中力低下、抑うつ
10. 睡眠障害(過眠、不眠)
11. 発症時、主たる症状が数時間から数日の間に発現

イ)身体所見クライテリア(身体所見基準)(2回以上、医師が確認)

1. 徴熱
2. 非浸出性咽頭炎
3. リンパ節の腫大(頸部、腋窩リンパ節)
大基準2項目に加えて、小基準の「症状基準8項目」以上か、「症状基準6項目+身体基準2項目」以上を満たすと「CFS」と診断する。
大基準2項目に該当するが、小基準で診断基準を満たさない例は「CFS(疑診)」とする。
上記基準で診断されたCFS(疑診は除く)のうち、感染症が確診された後、それに続発して症状が発現した例は「感染後CFS」と呼ぶ。



不眠症

news平成24年7月26日(木)読売テレビ「かんさい情報ネットten!」(16:47~18:59)内で、不眠と熱中症ついて、渡邊章範院長が取材を受けました。メディア出演

不眠症の原因はさまざまです。一律に睡眠薬の投与ではなく、診察により、治療方針を決めていきます。3種類の睡眠薬が1種類に減って体調がよくなる方も医らしゃいます。起立性調節障害などに伴う不眠症など、小児科の不眠にも対応しています。

過呼吸・過呼吸の連鎖

①過呼吸とは・・・過呼吸は、恐怖心や不安感などで呼吸数が多くなり体内の酸素濃度が高くなることで起こる。動悸・めまい・息苦しさなどを引き起こす。過呼吸が続くと、倒れこんだり、意識消失を引き起こす。

②過呼吸の連鎖とは・・・集団で怪談話など怖い話をしていると、恐怖心から過呼吸を引き起こすことがある。それを見た周りの友達が、怪談話などで恐怖心が強まっているところに、過呼吸の友達の症状をみることで、パニックに陥り、自分も過呼吸を引き起こすことがある。これが連鎖し、集団心理も働き、過呼吸の連鎖が起こる。

news平成25年6月22日(土)読売テレビ/日本テレビ「ウェークアップ!プラス」(8:00~9:25/全国放送)にて上本町わたなべクリニック渡邊章範院長が取材を受け、「過呼吸・過呼吸の連鎖」について解説しました。メディア出演

news平成25年6月20日(木)読売テレビ「かんさい情報ネットten!」(2部)(18:15~19:00)にて上本町わたなべクリニック渡邊章範院長が取材を受け、「過呼吸・過呼吸の連鎖」について解説しました。メディア出演

生活不活発病

平成19年10月31日(水)朝日放送の「おはよう朝日です」の番組内の「今朝のクローズアップ」 に院長が出演し、生活不活発病について解説しました。メディア出演

生活不活発病とは、 まだまだ聞きなれない言葉ですが、現在、高齢者だけでなく若年者にもふえている重大な病気です。

○1年前と比べ…
・筋肉のこわばりがひどくなった
・動くのが面倒くさく、動作が緩慢になった
・今まで楽しみだったことでも興味が薄れてきた
・悩むことが多くなり、寝付きが悪くなった

当てはまる方は、ご相談ください。詳しくは⇒生活不活発病



アスべルガー症候群

最近注目上がってい疾患にアスペルガー症候群があります。アスペルガー症候群は、、①人との社会的関係、②コミュニケーション能力③想像力と創造性に障害を持つことで診断されます。自閉症に似た症状を示すことから、主に子供の病気とされていましたが、最近では、成人のアスペルガー症候群が増えています。オススメの本「大人のアスペルガー症候群」を紹介しておきますので、良かったらよんでみてください。会社などでの人付き合いができないなどの症状でお困りの方は、一度ご相談ください。

news平成25年11月主婦と生活社から執筆依頼を受け、平成25年11月15日に一般書を出版しました。アスベルガー症候群など、診療内科疾患も数多く取り上げ、わかりやすく解説しています。⇒病気の9割はこれで治る!


相貌失認
(失顔症・顔が覚えられない)

脳の障害による病気です。100人に1人といわれています。詳しくは相貌失認(失顔症・顔が覚えられない)



予約不要です。診察時間内にお越しください。





予約不要です。診察時間内にお越しください。





上本町わたなべクリニック上本町わたなべクリニック

〒543-0037
大阪市天王寺区上之宮町1-15

TEL 06-6772-0075
FAX 06-6772-0083