本文へスキップ

上本町わたなべクリニック

子宮頸がん予防接種


子宮頸がんの予防ワクチンのご案内

トップページ

平成21年12月22日子宮頚癌(子宮けいがん)の予防ワクチン接種開始「Cervarix:サーバリックス」開始しました。
また、「ガーダシル」の接種も開始しました。「ガーダシル」は、ヒトパピローマウイルス(Human Papillomavirus)の6、11、16および18型の4つの型の感染を予防する4価のHPVワクチンです。
「がん」を予防できるワクチンです。10歳以上の女性が対象です。

平成26年からは、ワクチン希望者は、事前診察が必要となります。ワクチンの実際の接種はその後となります。未成年の方は、保護者の付き添いが必要です。

大阪市在住の中学生と高校1年生の無料接種しています。
⇒ 無料接種

◎一般ワクチンにつきましては、こちらから⇒ワクチン接種
◎新型インフルエンザワクチンにつきましては、こちらから⇒新型インフルエンザ

子宮頚部癌は、子宮の入り口(頚部)できる癌です。若い世代に多く、20代・30代で急増します。日本では、約15,000人が発症しているとされています。 この、子宮頚部癌のほとんどは、発がん性ヒトパピローマウイルスの感染が原因です。このウイルスは特別なものではなく、多くの女性が一生に一度は感染する、極ありふれたウイルスです。これらのウイルスの感染を防ぐ為のワクチンの接種が始まります。
ただし、十分な効果を得る為には、3回接種が必要となります!!


子宮頸癌は、女性なら誰でもかかる可能性のある病気です。

近年では20代後半から30代に急増、若い女性の発症率が増加傾向にあります。子宮頸がん(しきゅうけいがん)は、がんによる死亡原因の第3位、女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位を占めており、特に20代から30代の女性においては、発症するすべてのがんの中で第1位となっています。



また、全世界で毎年、27万人もの女性が子宮頸がんによって大切な命を失っています。これは時間に換算すると約2分間に1人の割合。日本でも、毎年15,000人(上皮内がんを含む)が子宮頸がんと診断されています。<br>
なお、同じ子宮にできるがんでも、子宮体がんは閉経前後の50代から60代の女性に多く、若い女性に多い子宮頸がんとは対照的です。



予約不要です。診察時間内にお越しください。











上本町わたなべクリニック上本町わたなべクリニック

〒543-0037
大阪市天王寺区上之宮町1-15

TEL 06-6772-0075
FAX 06-6772-0083