本文へスキップ

上本町わたなべクリニック

電話でのお問い合わせはTEL.06-6772-0075

〒543-0037 大阪市天王寺区上之宮町1-15
近鉄大阪上本町駅14番出口から徒歩3分。
ホテルアウィーナ大阪の正面、
ドンキホーテ上本町店の西隣です。

間質性肺炎

間質性肺炎

トップページ  喘息・アレルギー  睡眠時無呼吸  禁煙外来  花粉症  喘息の詳しい話


どんな病気?

間質性肺炎
肺胞の外側の細胞が炎症を起こす。
→ 裏に、膠原病や悪性リウマチなどが隠れていることがある。退院後も、投薬治療を続けることが多い。


(実質性)肺炎
細菌やウイルスが体内に入り、肺胞などで炎症を起こす。


間質性肺炎を引き起こす
膠原病悪性リウマチ特発性間接性肺炎について


膠原病
免疫の細胞が、間違えて、自分の細胞を攻撃する病気。
自己免疫性疾患の一種で、攻撃する人間の細胞内のたんぱく質などの違いによってさまざまな疾患がある。
代表的な、膠原病には、SLE・混合結合組織病・皮膚筋炎・強皮症などがある。病気によっては、肺に、胸膜炎・間質性肺炎・肺線維症などを引き起こす。女性に多い。

悪性リウマチ
免疫の細胞が、間違えて、自分の細胞を攻撃する病気。自己免疫性疾患の一種。リウマチは、免疫が、関節に攻撃する。
リウマチのうち、関節外の症状が出てくるものを悪性リウマチと呼ぶ。血管炎が起こることが多いが、間質性肺炎が出ると予後不良。女性に多い。

特発性間接性肺炎
原因不明の間質性肺炎を起こす。肺線維症に進行することもあり、この場合、平均生存年数は5~6年。たばこが原因の一つとされており男性に多い。難病。

間質性肺炎が悪化すると肺線維症になり症状が一段とひどくなる。




間質性肺炎を引き起こす病気のまとめ

SLE(膠原病)
20歳から40歳の女性に多い・・・胸膜炎・間質性肺炎・肺線維症

混合結合組織病(膠原病)
20歳から50歳の女性に多い・・・間質性肺炎

皮膚筋炎(膠原病)
35歳から65歳の女性に多い・・・間接性肺炎

強皮症(膠原病)
30歳から50歳の女性に多い・・・肺線維症

悪性リウマチ
60代の女性に多い・・・間質性肺炎

特発性間接性肺炎
原因不明・・・間質性肺炎・肺線維症










上本町わたなべクリニック上本町わたなべクリニック

〒543-0037
大阪市天王寺区上之宮町1-15

TEL 06-6772-0075
FAX 06-6772-0083