もやもや病 TEL06-6772-0075 上本町わたなべクリニック(ドンキ上本町店西隣) トップページ

月〜土9〜12時 月・火・木・金16〜19時 TEL06-6772-0075 トップページ 

上本町わたなべクリニックナース  

スタッフ募集 

お知らせ  

お問い合わせ

サイトマップ

リンク

携帯

禁煙外来

AGA外来

大阪市天王寺区、上本町のなんでも相談できるかかりつけ医(内科,整形外科,小児科,皮膚科,循環器,呼吸器,アレルギー,高血圧外来,禁煙外来,健康診断,AGA外来)です。

もやもや病

トップページ 循環器科 くも膜下出血 脳梗塞 脳出血 夏ばて 隠れ脱水 もやもや病

news平成27年4月21日(火)発売の女性自身2015年5月5日号から上本町わたなべクリニック渡邊章範院長が取材を受け、 『堺雅人・ブラビ・トム・・・あの有名人が罹った「耳慣れない病気G」』にて、ゲルストマン症候群・相貌失認(失顔症)・失読症・不思議の国のアリス症候群・ナルコレプシー・ベーチェット病もやもや病・ギランバレー症候群について解説しました。について解説しました。メディア出演@ゲルストマン症候群 A相貌失認(失顔症) B失読症 C不思議の国のアリス症候群 Dナルコレプシー Eベーチェット病 Fもやもや病 Gギランバレー症候群

もやもや病とは

脳血管の異常が原因の病気。脳血管造影で、異常血管がモヤモヤして見えることからこの病名となっている。 一過性脳虚血発作(TIA)による失神や頭痛が起こる。脳出血のリスクが高い。言葉を上手く話せなくなったり、手足のしびれや脱力感、色彩感覚が鈍くなるなどの症状が出る。

現在では、英語名もMoyamoya disease昔は、ウィリス動脈輪閉塞症とよばれていた。 日本人に多い。

もやもや病の疫学

日本人に多く、15%に家族歴がある。日本では約4000人の患者さんがいる(年間500人新規発症)。小児では脳虚血症状が多いのに対して成人では出血発症が多い。

もやもや病の原因

p.R4810k(RNF213遺伝子の多型)が原因遺伝子とされ、日本人に多い。RNF213遺伝子は、脳血管の形成に必要なたんぱく質を作ると考えられている。

もやもや病の診断

MRA等の画像診断で診断できる。

もやもや病の起こる年齢

@小児・・・5歳(3〜8歳)

A成人・・・30〜40歳

遺伝子検査にて発生のリスクがわかる。R213遺伝子の多型c.14576G>Aの場合、発症リスクは、およそ250倍と言われる。ホモ接合体の場合の予測発症時期は3歳頃、ヘテロ接合体の場合は7歳頃、そのどちらでもない野生型の場合は8歳頃と言われている。

50歳台の女性で単なる頭痛持ちと考える患者さんが当院に来院され、もやもや病がはじめて見つかった患者もいる。

もやもや病合併症

@小児・・・知能障害・頭痛・脱力発作・痙攣・失神

A成人・・・脳出血・片麻痺・頭痛・意識障害

もやもや病の治療法

@内科治療・・・虚血例・・・抗血小板療法

        出血例・・・高血圧治療

A外科治療・・・一過性脳虚血発作(TIA)・・・浅側頭動脈-中大脳動脈吻合術

もやもや病と考えられる有名人

徳永英明(歌手)

予約不要です。診察時間内にお越しください。

トップページ 循環器科 くも膜下出血 脳梗塞 脳出血 夏ばて 隠れ脱水 もやもや病

 

◎トップページにつきましては、こちらから⇒トップページ

上本町わたなべクリニック診察時間
内科・循環器科・リハビリテーション科 上本町わたなべクリニック Copyright 2006
543-0037 大阪市天王寺区上之宮町1-15 TEL06-6772-0075 Fax06-6772-0083