食道がん TEL06-6772-0075 上本町わたなべクリニック(ドンキ上本町店西隣) トップページ

月〜土9〜12時 月・火・木・金16〜19時 TEL06-6772-0075 トップページ 

上本町わたなべクリニックナース  

スタッフ募集 

お知らせ  

お問い合わせ

サイトマップ

リンク

携帯

禁煙外来

AGA外来

大阪市天王寺区、上本町のなんでも相談できるかかりつけ医(内科,整形外科,小児科,皮膚科,循環器,呼吸器,アレルギー,高血圧外来,禁煙外来,健康診断,AGA外来)です。

食道がん

トップページ 消化器科

症状

初期症状は、分かりにくい事が多いです。つまり無症状の事が多いです。

よくある症状としては、@食道がしみる感じA食物がつかえる感じB体重減少C胸痛D背部痛E咳F声のかすれ等があげられます。

危険因子

食道がんは、@喫煙A飲酒B熱いもの飲食C辛いものの飲食が原因とされています。

予防

つまり、喫煙・飲酒・熱いもの飲食・辛いものの飲食を控える事が予防となります。

疫学

食道がんなりやすい人は、

@40歳代後半以降増加する。

A男性は女性の5倍以上なりやすい。

B日本人は、他の東アジアの中でもなりやすい傾向がある。

C年間1万人ほどが食道がんになるといわれている。胃がんが、10万人のため1割の割合である。

食道の構造

長さ25cmで、粘膜、粘膜下層、固有筋層、外膜の4層構造になっている。食道がんの90%以上が扁平上皮癌で、食道の真ん中から発生する事が50%で一番多い。

初期の検査

採血や内視鏡検査などで行います。

術前検査

CT・MRI・エコー・食道エコー・PETなど

ステージ分類

食道がんの進行の度合いを示すものです。

日本食道学会「食道癌取扱い規約」に基づく進行度分類

0

がんが粘膜にとどまっており、リンパ節、他の臓器、胸膜、腹膜(体腔の内面をおおう膜)にがんが認められないものです。いわゆる早期がん、初期がんと呼ばれているがんです。

I

がんが粘膜にとどまっているが近くのリンパ節に転移があるものか、粘膜下層まで浸潤しているがリンパ節や他の臓器さらに胸膜・腹膜にがんが認められないものです。

II

がんが筋層を越えて食道の壁の外にわずかにがんが出ていると判断されたとき、あるいは食道のがん病巣のごく近傍に位置するリンパ節のみにがんがあると判断されたとき、そして臓器や胸膜・腹膜にがんが認められなければII期に分類されます。

III

がんが食道の外に明らかに出ていると判断されたとき、食道壁にそっているリンパ節か、あるいは食道のがんから少し離れたリンパ節にがんがあると判断され、他の臓器や胸膜・腹膜にがんが認められなければIII期と分類します。

IV

がんが食道周囲の臓器に及んでいるか、がんから遠く離れたリンパ節にがんがあると判断されたとき、あるいは他の臓器や胸膜・腹膜にがんが認められるとIV期と分類されます。

治療

初期の場合、内視鏡手術で取ることも可能です。一般的には、食道がんの進行の程度や転移などを判断してから、回復術を行うことが一般的です。

放射線療法・抗がん剤療法は、一般的には効かないことが多いです。ただし、癌のタイプによります。

予後

一般的に食道がん派、悪性度が高く予後が悪い病気です。ただし、0期で内視鏡的粘膜切除術で切除された後の5年生存率は100%です。

0期で内視鏡内視鏡的粘膜切除術 100%(5年生存率)

粘膜にとどまる開腹手術 切除できればほぼ100%(5年生存率)

がんが粘膜下層でリンパ節転移なし 開腹手術で80%(5年生存率)

日本食道疾患研究会の「全国食道がん登録調査報告」では、手術で取りきれた場合の5年生存率は、ほぼ54%に達しました。

国立がんセンター中央病院での5年生存率(1996年〜2000年)

1996年〜2000年に手術を受けた方の5年生存率は、TNM分類による進行度I期:70.1%、進行度IIA期:48.4%、進行度IIB期:55.8%、進行度III期:26.3%、進行度IV期:20.3%でした(食道がん以外の原因で死亡した場合も含みます)。

予約不要です。診察時間内にお越しください。

 

◎トップページにつきましては、こちらから⇒トップページ

上本町わたなべクリニック診察時間
内科・循環器科・リハビリテーション科 上本町わたなべクリニック Copyright 2006
543-0037 大阪市天王寺区上之宮町1-15 TEL06-6772-0075 Fax06-6772-0083