上本町わたなべクリニック      

上本町駅から徒歩3分ドンキホーテ西隣

健康診断 産業医 特定健診 予防接種 インフルエンザ 往診・在宅医療 ネオヘルス トップページ サイトマップ スタッフ募集 振動工具健康診断 サーバリックス 小児用肺炎球菌 糖尿病 動脈硬化

TEL06-6772-0075 FAX06-6772-0083

大阪市天王寺区の病院、内科、整形外科 、皮膚科、心療内科  
総合診療科(内科) 整形外科 皮膚科  循環器科 消化器科 呼吸器科 心療内科 小児科

ドンキホーテの西隣・ホテルアウィーナ大阪の正面。上本町YUFURA・歌舞伎座の南です。

メディア出演 高血圧専門外来 禁煙外来 にきび AGA外来  片頭痛 メタボリック 喘息・アレルギー 睡眠時無呼吸  プラセンタ 生活不活発病  むずむず脚症候群 上本町医療ニュース 自立支援診療所 夏ばて 慢性疲労症候群 交通事故・労災事故 在宅医療

上本町わたなべクリニックナース  

お問い合わせ

お知らせ  

スタッフ募集 

携帯

リンク

サイトマップ

 

専門外来のご案内

ラジオ・テレビ出演

高血圧専門外来

 禁煙外来

 にきび外来

 AGA外来

  片頭痛

 メタボリック

 喘息・アレルギー

 睡眠時無呼吸症候群

プラセンタ 

生活不活発病  

 

 健康診断     ワクチン 往診

健康診断

 産業医

 特定健診

 予防接種

インフルエンザ

 往診・在宅医療

疾患のご案内

総合診療科(内科)

整形外科 

皮膚科 

循環器科 

消化器科 

呼吸器科 

心療内科 

小児科

クリニックの案内

 トップページ 

交通の案内

 サイトマップ

大阪市天王寺区、上本町のなんでも相談できるかかりつけ医(内科,整形外科,小児科,皮膚科,循環器,呼吸器,アレルギー,高血圧外来,禁煙外来,健康診断,AGA外来)です。

 
 

動脈硬化について

トップページ 

高血圧専門外来 糖尿病 動脈硬化 くも膜下出血 脳梗塞 脳出血 夏ばて 隠れ脱水

動脈硬化に関係する、中性脂肪やコレステロールなどの情報です。

中性脂肪について

1、中性脂肪とは

中性脂肪は血液中に含まれる脂質の一種であり、他の脂質にはコレステロール、リン脂質、遊離脂肪酸があります。

 

中性脂肪(トリグリセライド)はグリセロール(グリセリン)に三つの脂肪酸が結合した物質であり、食物を通して体内に取り入れる物と、体内で合成される物があります。

 

中性脂肪の主な働きとしては、肝臓や脂肪細胞に蓄えられて、貯蔵用のエネルギーとなったり、寒い時に体の熱が放散するのを防いで体温を一定に保つ働きや、皮下に蓄えられた脂質によって、外部からの衝撃から内臓を守る働きもあります。

 

中性脂肪は炭水化物(糖質)やたんぱく質などに比べて、単位量当たりのエネルギー生産量が高く、体の中で完全に燃焼すると1グラム当たり約9キロカロリーの熱量になります。炭水化物(糖質)やたんぱく質は1グラム当たり約4キロカロリーの熱量であり、中性脂肪はエネルギー貯蓄率が最も高いので貯蔵用のエネルギーとして適しています。

 

中性脂肪やコレステロール等の脂肪は、アポたんぱくに包まれた「リポたんぱく」という状態で血液中を移動し全身に運ばれます。中性脂肪とコレステロールの比率によって「カイロミクロン」「超低比重リポたんぱく(VLDL)」「低比重リポたんぱく(LDL)」「高比重リポたんぱく(HDL)」という種類に分かれます。中性脂肪は特に「カイロミクロン」や「VLDL」に多く含まれます。悪玉コレステロールと呼ばれるものは「LDL」、善玉コレステロールと呼ばれるものは「HDL」というリポたんぱくを指し、中性脂肪が高い時に増えるコレステロールを含んだ悪玉は「レムナント」と呼ばれます。

 

2、脂質異常症について

 脂質異常症とは血液の中に溶けている中性脂肪やコレステロールなどの脂質の値が異常に高い状態さします。その中でも、中性脂肪が異常に高い状態を「高トリグリセライド血症」と言い、コレステロールの値が異常に高い状態を「高コレステロール血症」といいます。

 

 中性脂肪は体に必要な要素ですが、増えすぎると悪影響を及ぼす可能性があります。中性脂肪が増えすぎると悪玉であるレムナントやLDLなどが血管壁の中にたまり、「動脈硬化」を形成します。更に、血管の内側をおおう膜がもろくなってしまう為、少しの刺激でも破れやすくなってしまいます。

 動脈硬化は全身の動脈で起こり、様々な病気を引き起こします。動脈硬化が重大な原因の一つであると考えられている病気には、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、脳出血や脳梗塞などの脳卒中、腎臓病、高血圧、糖尿病等があります。

 

3、脂質異常症の原因

脂質異常症には様々な要因が考えられます。遺伝によって起こるケース、別の病気などによって起こるケース、加齢によるもの、食事によるエネルギーの取り過ぎによるもの、運動不足によって起こるもの等があります。

 

4、高トリグリセライド血症を防ぐ為には

 高トリグリセライド血症を防ぐには、日常生活でのエネルギーの収支を考えることが大切であり、食べ過ぎを改め、適度な運動をすることがポイントになります。余分な摂取エネルギーは中性脂肪として体内に蓄えられてしまいます。

 

 食事のポイントとしては総カロリーを考慮し、糖分や脂肪分の多い食品を控えることが大切であり、多量のお酒を飲まないこともポイントです。

 

糖分の摂取としては蔗糖や果糖(はちみつや果物)で摂取するよりもでんぷん(ご飯やパン)で取る方が、吸収が穏やかで、少量でもビタミンやミネラルを一緒に摂取できるため効果的です。

 

また、脂肪には「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」があり、問題となるのは「飽和脂肪酸」です。動物性脂肪の「飽和脂肪酸」には、コレステロールを増やす働きがあります。一般に飽和脂肪酸は、肉類の脂肪、卵、乳製品、バター、ラード等の動物性脂肪に、不飽和脂肪酸はマーガリンや植物油などの植物性脂肪に含まれています。魚の脂肪の主成分は不飽和脂肪酸です。

 

牛肉を食べるならサーロインよりはヒレ肉が、豚肉をたべるならバラ肉よりはもも肉が、鶏肉を食べるならもも肉よりはささ身がと言うように、肉の部位によっても飽和脂肪酸の含まれる量に違いがある為、食事の際は考慮することも大切になります。

 

内科・循環器科・リハビリテーション科 大阪上本町わたなべクリニック Copyright 2006 ~2010
543-0037 大阪市天王寺区上之宮町1-15 TEL06-6772-0075 Fax06-6772-0083