不思議の国のアリス症候群 上本町わたなべクリニック(ドンキ上本町店西隣)トップページ

月〜土9〜12時 月・火・木・金16〜19時 TEL06-6772-0075 トップページ 

上本町わたなべクリニックナース  

スタッフ募集 

お知らせ  

お問い合わせ

サイトマップ

リンク

携帯

禁煙外来

AGA外来

大阪市天王寺区、上本町のなんでも相談できるかかりつけ医(内科,整形外科,小児科,皮膚科,循環器,呼吸器,アレルギー,高血圧外来,禁煙外来,健康診断,AGA外来)です。

不思議の国のアリス症候群

トップページ 心療内科 自立支援診療所 春の体調不良 相貌失認(失顔症・顔が覚えられない) 機能性ディスペプシア ゲルストマン症候群 不思議の国のアリス症候群 失読症 失語症 ナルコレプシー  慢性疲労症候群 生活不活発病 ギランバレー症候群

news平成27年4月21日(火)発売の女性自身2015年5月5日号から上本町わたなべクリニック渡邊章範院長が取材を受け、 『堺雅人・ブラビ・トム・・・あの有名人が罹った「耳慣れない病気G」』にて、ゲルストマン症候群・相貌失認(失顔症)・失読症・不思議の国のアリス症候群・ナルコレプシー・ベーチェット病もやもや病・ギランバレー症候群について解説しました。について解説しました。メディア出演@ゲルストマン症候群 A相貌失認(失顔症) B失読症 C不思議の国のアリス症候群 Dナルコレプシー Eベーチェット病 Fもやもや病 Gギランバレー症候群

不思議の国のアリス症候群とは

『身体や眼に異常はないのに外界の物の大きさの知覚や自分の体の大きさなどがの触覚が正常と異なると感じる』

幻覚体験を引き起こす精神疾患です。

不思議の国のアリス症候群の命名者

1955年にイギリスの精神科医トッド(John Todd)が、『不思議の国のアリス』の本の中で、主人公のアリスが薬を飲むと、大きくなったり小さくなったりするエピソードは、作者のルイス・キャロルの体験のものによるのではないかと考え、命名された。

不思議の国のアリス症候群とは

身体や眼に異常はないのに、目の前の物が急に大きく見えたり、小さく見えたり、また歪んで見える、現実とは違うものの見え方をする症状が特徴。脳のウイルス感染が原因とも。

不思議の国のアリス症候群の原因

EBウイルスの感染による脳の炎症が、幻覚などの精神症状を引き起こすと考えられている。

不思議の国のアリス症候群の症状

小視症・大視症・変視症・知覚異常・時空異変体験・空中浮遊体験・離人症状・色覚異常など。

不思議の国のアリス症候群の障害の部位

EBウイルス感染時に大脳皮質の広範囲にいよう画像があったという報告が有るが、まだまだ研究段階で不明である。

その他の原因・・・ウイルス脳炎・てんかん・統合失調症等の患者での報告や、うつ病の前駆症状で起こると言う報告や精神薬の副作用によるものも有るのではないかと考えられている。

不思議の国のアリス症候群の起こる年齢

@小児型・・・ほとんどの子供はEBウイルス感染すると言われ、この時に精神症状が起こるのではないかと考えられている。症状は一過性で、不思議な体験をしたことがある子供は多いとされている。

A成人型・・・大人になっても、精神症状を体験する人もいる。大人の場合、偏頭痛を合併している事が多い。作者のルイス・キャロルも偏頭痛持ちであり、自身の体験が、本の原案になったのではないかと推測されている。

不思議の国のアリス症候群の治療法

EBウイルスの診断や治療をする。小児型は、一過性の事が多い。鑑別疾患として、数分から数時間の自身が発作と感じる知覚変容発作を否定する必要がる。知覚変容発作は、うつ病や小児自閉症で起こり、不快感を伴う事が多い。

いずれにしても原疾患の治療に加えて精神療法がお勧めです。 ⇒心療内科疾患

不思議の国のアリス症候群と考えられる有名人

芥川龍之介(作家)、ルイス・キャロル(作家)

不思議の国のアリス症候群の問題点(渡邊章範医師による独自の見解)

多くの子供は、EBウイルスにかかり、そのときに不思議な体験をする子供もいる。親に言っても、夢でも話ではないかとか、子供だから知覚・触覚の発達過程のために起こるなどと考えられ、相手にされずに大人になることも多いと思われる。不思議な体験をしたことは、事実であり、大人になっても子供のときに不思議なことがあったと回想することも有るが、記憶もあいまいになり、人に話をしない人が多いと思われる。

この場合、小児の一過性の体験であり、再度起こるわけではないので問題はないが、空中浮遊体験や離人症状や時空異変体験や小視症・大視症・変視症などが、超常現象ではないかと考えてしまう点が考えられる。

物理の法則により、人間が宇宙浮遊したり、自分の寝ている体を上空から見下ろすなどの症状は、科学的に絶対にありえない。

しかし、そのような現象の体験を通じ、オカルトや宗教活動の勧誘につながる危険性がある(オウム心理教の教祖の空中浮遊が信者を増やしたといわれる)。

不思議の国のアリス症候群の認知度は、国民のみならず、医師やコメディカルでも低い。

不思議の国のアリス症候群の医学的解明と患者への疾患啓蒙が必要な病気と考える。

(文責:著作権:上本町わたなべクリニック渡邊章範)

予約不要です。診察時間内にお越しください。

トップページ 心療内科 自立支援診療所 春の体調不良 相貌失認(失顔症・顔が覚えられない) 機能性ディスペプシア ゲルストマン症候群 不思議の国のアリス症候群 失読症 失語症 ナルコレプシー  慢性疲労症候群 生活不活発病

 

◎トップページにつきましては、こちらから⇒トップページ

上本町わたなべクリニック診察時間
内科・循環器科・リハビリテーション科 上本町わたなべクリニック Copyright 2006〜
543-0037 大阪市天王寺区上之宮町1-15 TEL06-6772-0075 Fax06-6772-0083